お母さんに感謝の手紙をプレゼント。BibleCafé母の日企画を開催しました

横浜主真理教会の壮年部会員を中心に運営する「BibleCafé母の日企画」が2024年5月26日、同教会の1階本堂で行われました。

参加者は教会会員の有志とそのご家族など計30名

母の日の特別企画として、癒しのプログラムと感謝のメッセージを伝える時間を過ごしました。

▼前回の様子

「自分の使命」を全うする人生に

指体操の脳トレアイスブレイクに始まり、5分で分かる聖書講座では、新約聖書に出てくるイエス・キリストとバプテスマのヨハネのエピソードから、「自分の使命」を分かって行なう大切さを話してくれました。

イエス・キリストとバプテスマのヨハネは親戚関係であると同時に、ヨハネには「キリスト(救い主)が来たことを人々に伝える」という大きな使命がありました。

しかしヨハネは自身の使命をきちんと全うできず、彼自身の人生だけではなく、イエス・キリストやその周囲の運命までもが大きく変わってしまった記録が聖書に残されています。

塩谷さんは「自分が人生ですべき使命は何か、分かって生きることが大切ですね」と話し、締めくくりました。

生演奏に癒されて

横浜主真理教会で歌手を務める中島さんとまりさん、飛び入りで参加してくれたピアノとドラムのセッションで『義人の生』を披露。

ジャズ調のアレンジを加えた生演奏の豊かなハーモニーに、聞く一人一人の心も癒された時間になりました。

感謝のメッセージに思わず涙

イベントの最後には参加した子どもたちからお母さんへ、日頃の感謝を伝える時間を持ちました。

参加者のあじさいさんは「母への手紙を読む時にお互い号泣してしまいました」と思わず苦笑い。

温かい会場の雰囲気に後押しされ、それぞれメッセージを伝え合うことができたようです。

エンチャーテイナー睦水さんによる至福の一杯

歓談の時間には、茶を入れる淹茶技術の指導を行ないながら、長年日本各地で茶会を開催してこられたエンチャ―テイナー睦水さんによる至福のティータイムも。

「神様の愛を表す茶」を至高のものとする睦水さんは自身の茶についてこう解説します。

創造主神様は、太陽と月と地球の関係によって潮を動かし
波が立つことで酸素が溶け込み
深海数千メートルにも魚が存在できるように創造されました。

このようにすべてのものが相応しい場所で相応しく生きられるように創造したことが神様の愛です。

この神様の創造の愛、人間に向かう愛を表すことを目指して私は茶を淹れています。

エンチャ―テイナー 睦水

さいごに

全てのプログラムを通して、参加者の笑顔がこぼれる時間となりました。

来てくださった方々、本当にありがとうございました!

関連記事

  1. 【BibleCafé】横浜主真理教会とオンラインでつながる初…

  2. 2024年最初のBibleCaféを開催しました

  3. 横浜主真理教会で2023年最後のBibleCaféを開催しま…

  4. お父さんに感謝と愛を伝える「BibleCafé父の日企画」を…

  5. 【BibleCafé】聖書を通じて「性格」や「時間」の話を聞…

PAGE TOP